スタイルやその特徴を紹介します。

新郎新婦

神戸で結婚式を挙げるときに、どのようなスタイルで挙式をするのかを考えなくてはなりません。よく知られている挙式のスタイルにはチャペル式や神前式があります。また仏前式もあります。そして宗教にとらわれず自分たちのカタチで自由にあげることができる人前式も人気です。チャペル式は親族や友人が式に参列しますが、神前式に参列するのは一般的には親族のみです。人前式には決まりがないので、誓いの言葉や進行に関してもある程度自分たちらしさを出すことが可能です。とは言っても、式場のチャペルを会場として使い、進行は司会者が行うことが多いです。進行をお友達などに依頼するケースもあります。仏前式は神戸にある寺院で挙げることもできますが、ホテルなどの会場に相談すれば、対応してくれることもあります。

費用はどのくらいかかるのでしょう。

結婚式

結婚式の費用に関しては、神戸の会場や式のスタイルによって異なります。披露宴は含まず式のみなら10万円から30万円の幅を見ておくとよいでしょう。費用に、挙式と衣装がセットになったプランもあれば写真撮影もプランにはいっているものなどもあり、会場によって設定が異なります。チャペル式では牧師さんや神父さんの他に、聖歌隊やオルガニストにも費用が発生します。人前式では進行を友人が務めることも多く、費用をコントロールすることは可能です。また神前式や仏式は、チャペル式や人前式に比べて費用は低めに設定されていることのほうが多いです。

評判を知るにはどうすればよいのでしょう。

新郎新婦

挙式のスタイルが決まれば、神戸のどの会場で挙式するのかを決めなくてはなりません。実はチャペル式や人前式での挙式が多く、会場によっては神前式場がないこともあります。神前式や仏前式を検討する場合は情報が少ないこともあり、周りの評判や先輩花嫁の口コミも頼りになります。またブライダル情報誌などを利用すれば、評判も含めて神戸の結婚式場を一気に比較することができます。そしてある程度情報を収集したら、何よりも自分の目で確かめることです。結婚式場やホテルでは定期的にブライダルフェアを行っており、実際に足を運んで式場の雰囲気を確かめることができます。不明点などは、その場でプランナーに質問することも可能です。

広告募集中