どんな種類があるのか

結婚式

結婚式で流す映像にはいつくか種類があるのですが、1つ目に挙げられるのは「オープニングムービー」です。これは、披露宴会場に新郎新婦が入場する直前に流すものであり、ゲストに対するご挨拶の役割を持たせたものだと言えるでしょう。内容については、結婚式の準備に関するシーンやドレスの試着シーンなどの写真・動画が組み込まれることも多く、時間は1分程度にするのが一般的です。2つ目に挙げられるのは、新郎新婦がお色直しをしているときに上映されるケースが多い「プロフィールムービー」です。内容は、新郎新婦の生い立ちと二人に出会いを紹介するものであり、時間は5分程度にするのが目安とされています。基本的には二人の写真や動画がメインになりますが、ゲストと一緒に写っている写真なども入れると喜んでもらうことができます。3つ目に挙げられるのは、新郎新婦が退場した後に流される「エンディングムービー」と呼ばれるものです。内容は、ゲストとして来てくれた方の名前と感謝の言葉を2分~3分程度の映像として流すのが普通であり、いわば映画のエンドロールのようなものだと言えるでしょう。以上の3種類が主な種類になりますが、その他にもサプライズ演出などのために映像を流すケースもあります。例えば、職場の同僚からのメッセージをサプライズで流したり、式に出席できない学校の教え子などの映像を流したりするといった演出があるでしょう。

自作する方法

結婚式場

結婚式で流す映像を作成する方法としては、まず、パソコンを使って「自作する」という方法があると言えます。素材となる写真や動画があれば、ムービーソフトを使って誰でも比較的簡単に結婚式用の映像を作ることが可能です。自作のメリットは何と言っても安くできるということなので、費用をできるだけ抑えたい場合にこの方法を選ぶとよいと言えます。あるいは、できるだけ手作りの結婚式にしたいという場合も、ムービーソフトを使った自作に挑戦してみるとよいでしょう。

プロに依頼する方法

結婚式

結婚式で流す映像は自作することができますが、映像制作会社などのプロに依頼するという方法もあります。先ほど紹介したプロフィールムービーであれば、3万円~10万円程度の料金で依頼することが可能です。ある程度のお金がかかってしまいますが、自作する暇がない場合や、クオリティの高いものにしたい場合に選ぶとよいでしょう。また依頼する業者を選ぶ際は、サンプル映像を見せてもらった上で決めることや、追加料金の有無を確認しておくことがポイントになります。

広告募集中